インテリアコーディネーターとは?

インテリアコーディネーター養成講座

インテリアコーディネーターとは、直訳すると調和させる者を意味します。屋内空間を調和させるインテリアをする人のことです。

 

近年、「住まい」に関するユーザーの求めるレベルは高くなっており、インテリアコーディネーターが活躍する場所は、年々増えているのです。

 

インテリアコーディネーターは消費者のニーズに合わせて、その人に合った生活空間を提案します。そのため、インテリアだけにとどまらず、建築にまで、幅広い知識が要求されます。

 

顧客がイメージしている生活様式にあわせて、トータルに居住空間をプロデュースする、さらには、現場を監督したり、見積りをつくったりと、インテリアコーディネーターの仕事は幅広いのです。

 

インテリアコーディネーターは、インテリア計画の作成、インテリア商品選択のアドバイスなどをするために、インテリア関連商品の深い知識が必要です。これら個々の知識だけでなく、互いの関連、調和も大切です。

 

インテリアコーディネーターなるためには?

 

インテリアコーディネーターになるためには、通産大臣認定試験を受験する必要があります。試験は、年1回で一次と二次に分かれています。合格率は、毎年20%程度で、狭き門ですが、やりがいのある仕事です。

 

また、厚生労働省派遣事業の対象業務にインテリアコーディネーターが追加され、活躍の場はますます拡大しています。


スポンサーリンク