司法書士とは?

司法書士養成講座

司法書士とは、もっとも国民に身近な法律家です。

 

司法書士の仕事の一つに「法律事件の解決」があります。140万円以下の事件について、弁護士と同じ権限で、あなたに代理人になって相手方と交渉や調停ををしたり、裁判をおこすことができます。

 

また、司法書士はあらゆる法律文書の作成を行います。裁判所に提出する文書を作成したり、トラブルになっている相手方に送る内容証明を作成します。

 

従来から、司法書士の業務の中心であったものが、登記業務です。たとえば、自宅を購入するさいの所有権移転の登記手続きを代行する専門家が司法書士です。

 

また、会社設立の際、法人の登記を代行したり、登記に関わる重要事項が変更になるたびに代行をするのが司法書士の業務なのです。

 

司法書士と弁護士の大きな違いは、司法書士は140万円以下の民事事件しか扱うことができません。また、司法書士が裁判をするといっても、簡易裁判所の事件に限定されています。

 

司法書士になるには?

 

司法書士になるには、法務省が実施する司法書士試験に合格することです。試験は年1回行われ、「筆記試験」、「口述試験」が実施されます。

 

司法書士試験の難易度は高く、約2%と言われて生半可な学習では合格は望めません。しかし、それだけ、約束された職業と言えるでしょう。


スポンサーリンク

関連ページ

行政書士になるには
行政書士とは、他人の依頼を受けて、役所に提出する許認可等の申請書類の作成や、提出手続き代理、遺言書等の権利業務、事実証明・契約書の作成等を行います。
知的財産権資格になるには
知的財産検定によって、弁理士とは別の資格として存在しています。知的財産権は、海外との特許権係争事例が増えていることからも、今後ますます日本の産業にとって重要になる分野です。