通関士とは?

通関士養成講座

関士とは、輸出業者に代わって、海外から飛行機や船で届いた荷物を、国内の市場に受け入れるための申告・検査・関税納付・許可といった通関手続きを行う貿易実務のエキスパートです。

 

通関士の具体的な業務は、輸出入品の種類・価格・重量・関税などの申告を行ったり、品物の安全検査などの通関手続き代行業務があります。

 

さらに、税関処理に問題があった場合の「不服申し立て」や、「主張・陳述」の代行、これら業務に関する書類作成もするのが通関士の仕事です。

 

通関士なるためには?

 

通関士になるためには、財務省が管轄する国家資格をとる必要があります。通関士試験は、全国各地の税関の通関業監督官が主催しており、年1回実施されます。合格率は10%代です。

 

ビジネスの国際化により、海を越えて物が行き来することの多くなった現代では、日本の年間輸出入申告件数も年々増加しています。必然的に通関手続き件数も増えており、今後、通関士のニーズは、これからも高まるでしょう。


スポンサーリンク

関連ページ

旅行業務取扱い管理者になるには
旅行商品を販売する旅行業者は、事前に商品の説明を行ったうえで、旅行者と契約することが義務付けられて、その説明をするのが旅行業務取扱い管理者です。
ツアーコンダクターになるには
ツアーコンダクターは、パッケージツアーの始まりから終わりまで旅行客に付き添って世話をし、ツアーが予定通りに運ぶよう、旅を演出するのが仕事です。