アナウンサー・キャスターとは?

アナウンサー・キャスター養成講座

アナウンサーをいまさら説明することもないでしょう。テレビでなどでお馴染みです。

 

アナウンサーの仕事は、ニュース番組でニュースを読み上げたり、番組の司会をしたり、スポーツ番組の実況中継など多岐にわたっています。

 

特にインタビューや司会の番組では、問題の核心に迫る質問をしたり、番組を盛り上げるのもアナウンサーの仕事です。

 

アナウンサーは、インタビューでは、聴くことと整理すること、それらの時間配分など、瞬時に頭の中で整理される必要があります。

 

またスポーツ番組の実況中継では、歯切れの良さ、的確な描写力など、今では報道ステーションの古館さんなどは、実況中継では有名なアナウンサーです。

 

ここ数年の流れでは、アナウンサー自身が、番組を企画、取材、編集することも多くなってきました。日本では、アナウンサーとキャスターとの区別が曖昧です。

 

アナウンサー・キャスターなるためには?

 

アナウンサーになるためには、一般的には、放送企業の採用試験を受けます。アナウンサーの受験資格は、男女とも大学卒業です。一部では短大卒業も認められていますが、圧倒的に少ないようです。

 

特に資格などはないので、アナウンサーになるには放送企業に入社できるかどうかになります。入社試験は音声試験、筆記試験、カメラテスト、面接試験、身体検査があります。

 

入社後、特別なアナウンサー研修があります。

 

アナウンサーは、フリーとして活躍する人もいます。現代では、会社専属(会社員)のアナウンサーとして知名度が上がった後、フリーとなる人が多いようです。


スポンサーリンク

関連ページ

ナレーターになるには
ナレーターとは、一般的には朗読を職業とする人のことをいいます。テレビ・映画・CMなど、各種メディアでは必要不可欠なプロフェッショナルです。
DJ(ディスクジョッキー)になるには
DJ(ディスクジョッキー)とは、センスのいい選曲・ミックス・MCで、独自の空間を創り出す、音のプロフェッショナルです。
声優になるには
声優は、アニメ・ラジオドラマ・テレビ・映画・テレビゲーム・洋画の吹き替えなどに声だけで出演する俳優のことです。
CMプランナーになるには
CMプランナーは、広告主が最大の広告効果を得られるよう、商品の特性に合ったCM作成を考え、CM掲載のタイミングなどを考えます。
コピーライターになるには
コピーライターは、商品や企業を宣伝するための新聞・雑誌・ポスターなどに掲載されるコピー(文言)を書く人のことをいいます。