ナレーターとは?

ナレーターとは

ナレーターとは、一般的には朗読を職業とする人のことをいいます。テレビ・映画・CMなど、各種メディアでは必要不可欠なプロフェッショナルです。

 

テレビ番組で流れる風景や情景に、ナレーターが効果的なナレーションを入れると、より楽しく番組を観ることができます。

 

ナレーターは、決められた時間(秒単位)で、解説やコメントをナレーションします。当然、番組に声だけが登場する職業です。

 

ナレーターなるためには?

 

ナレーターになるためには、特に資格などありません。
発声技術を磨くために、専門学校などで学ぶのが早道でしょう。

 

また、テレビ局やラジオ局に入社して、アナウンサーなどで経験を積むほか、声優や俳優からナレーターになる人もいます。

 

ナレーターの需要は多いものの、声優がナレーターの仕事をしたり、俳優がナレーターの仕事をしたりしています。
共通するのは、しっかり話すことができる技術を持っているということです。さらに、声の個性がある人がナレーターとして最も必要でしょう。


スポンサーリンク

関連ページ

アナウンサー・キャスター
アナウンサーの仕事は、ニュース番組でニュースを読み上げたり、番組の司会をしたり、スポーツ番組の実況中継など多岐にわたっています。
DJ(ディスクジョッキー)になるには
DJ(ディスクジョッキー)とは、センスのいい選曲・ミックス・MCで、独自の空間を創り出す、音のプロフェッショナルです。
声優になるには
声優は、アニメ・ラジオドラマ・テレビ・映画・テレビゲーム・洋画の吹き替えなどに声だけで出演する俳優のことです。
CMプランナーになるには
CMプランナーは、広告主が最大の広告効果を得られるよう、商品の特性に合ったCM作成を考え、CM掲載のタイミングなどを考えます。
コピーライターになるには
コピーライターは、商品や企業を宣伝するための新聞・雑誌・ポスターなどに掲載されるコピー(文言)を書く人のことをいいます。