DJ(ディスクジョッキー)とは?

DJ(ディスクジョッキー)とは?

DJ(ディスクジョッキー)とは、センスのいい選曲・ミックス・MCで、独自の空間を創り出す、音のプロフェッショナルです。

 

クラブやディスコでは、DJ(ディスクジョッキー)の存在、演出する音楽によって、独特の雰囲気が創り出されています。

 

DJ(ディスクジョッキー)は、会場で流す音楽の選曲、ミックスを行い、雰囲気を盛り上げます。

 

DJ(ディスクジョッキー)が選ぶ曲に左右されるため、多くのジャンルの曲を知っていることや、組み合わせた効果を見極めることが必要なことと、極めて高い音楽的なセンスを持ち合わせていることも必要です。

 

独特の一般的には朗読を職業とする人のことをいいます。テレビ・映画・CMなど、各種メディアでは必要不可欠なプロフェッショナルです。

 

そのため、大勢の客がお気に入りのDJ(ディスクジョッキー)を目当てに集まってくる有名なDJ(ディスクジョッキー)もいます。

 

DJ(ディスクジョッキー)なるためには?

 

DJ(ディスクジョッキー)になるためには、特に資格などありません。多くの音楽を聴き、DJ(ディスクジョッキー)が使う機材の使い方を覚えなくてはなりません。

 

DJ(ディスクジョッキー)が使う機材の使い方などはスクールなどに行けば学べますが、実践的には、クラブなどにアルバイトDJとしてスタートして、評判が高まれば、レギュラーのDJとしてクラブやディスコに雇ってもらうことが可能になります。


スポンサーリンク

関連ページ

アナウンサー・キャスター
アナウンサーの仕事は、ニュース番組でニュースを読み上げたり、番組の司会をしたり、スポーツ番組の実況中継など多岐にわたっています。
ナレーターになるには
ナレーターとは、一般的には朗読を職業とする人のことをいいます。テレビ・映画・CMなど、各種メディアでは必要不可欠なプロフェッショナルです。
声優になるには
声優は、アニメ・ラジオドラマ・テレビ・映画・テレビゲーム・洋画の吹き替えなどに声だけで出演する俳優のことです。
CMプランナーになるには
CMプランナーは、広告主が最大の広告効果を得られるよう、商品の特性に合ったCM作成を考え、CM掲載のタイミングなどを考えます。
コピーライターになるには
コピーライターは、商品や企業を宣伝するための新聞・雑誌・ポスターなどに掲載されるコピー(文言)を書く人のことをいいます。