コピーライターとは?

コピーライターとは?

コピーライターは、商品や企業を宣伝するための新聞・雑誌・ポスターなどのグラフィック広告・テレビCM・ラジオCM・企業サイトやバナー広告に使用するコピー(文言)を書く人のことをいいます。

 

近年では、全体の流れまでも重要なスキルとして見られるようになっており、トップクラスのフリーコピーライターや、広告会社のコピーライターに関しては、この能力が必要とされています。

 

企業にとっては、コピーライターは会社売上のカギとなる人物なので、コピーライターの作業そのものが企業秘密になるケースが多く、守秘義務契約が交わされることもあります。

 

コピーライターが競合会社に雇われると、ノウハウが流出する可能性があるため、契約の際には、コピーライターが競合会社の作業に関与できないようにするのが業界の常識になっています。

 

コピーライターなるためには?

 

コピーライターになるためには、特に資格、学歴などは必要ではありません。広告会社や広告制作会社のコピーライターにはるには、大学卒業程度の学歴が重視されることが多いのも事実です。

 

コピーを書くにあたっては、大きく分けて2点あり、「何を伝えるのか」はマーケティング力、「どう伝えるのか」はコミュニケーション力が試されることになります。


スポンサーリンク

関連ページ

アナウンサー・キャスター
アナウンサーの仕事は、ニュース番組でニュースを読み上げたり、番組の司会をしたり、スポーツ番組の実況中継など多岐にわたっています。
ナレーターになるには
ナレーターとは、一般的には朗読を職業とする人のことをいいます。テレビ・映画・CMなど、各種メディアでは必要不可欠なプロフェッショナルです。
DJ(ディスクジョッキー)になるには
DJ(ディスクジョッキー)とは、センスのいい選曲・ミックス・MCで、独自の空間を創り出す、音のプロフェッショナルです。
声優になるには
声優は、アニメ・ラジオドラマ・テレビ・映画・テレビゲーム・洋画の吹き替えなどに声だけで出演する俳優のことです。
CMプランナーになるには
CMプランナーは、広告主が最大の広告効果を得られるよう、商品の特性に合ったCM作成を考え、CM掲載のタイミングなどを考えます。