資格取得 ビューティファッション

スポンサーリンク

音楽関係のスキル 記事一覧

ギターリストは、その名からわかるようにギターを弾くプロのことです。そもそもギターには、大きく分けて2種類、アコースティックギターとエレクトリックギターがあります。クラシックギター、フォークギターなどは、アコースティックギターの部類に入ります。弦の本数は6本のものが主流ですが、他に7弦〜10弦のギター、12弦のギターなども存在します。しかし、ペースギターは4弦のものが主流となります。フォークギターや...

ボーカルは、楽曲の声楽・歌のパートの事をいいますが、実際は、歌手、声楽家自身のことを示します。クラシック音楽よりも、ロックバンドのボーカリストというように、おもにポピュラー音楽において、呼ばれることが多いのです。リードポーカル、バッキングボーカル(バックグランドボーカル、コーラス)、ボーカルトラックなどあります。歌うことが大好きな人にはオススメの職業です。ただプロとしてボーカルになるには、生活でき...

ベースは、低音パートを演奏する弦楽器の総称です。一般的に、ベースはチェロやギターの1オクターブから、2オクターブほど、音域が低い楽器を指します。単にベースと呼んだ場合は、コントラバスかエレクトリックベースのどちかを指します。ロックバンドで使用されるのは、ほんんどがエレクトリックベースですが、ジャズなどではコントラバスが使われることが多いようです。強い誇りや厳格な考えを持っている奏者は、自分の楽器を...

大小さまざまなドラムやシンバル等の打楽器を一人の奏者が演奏可能にまとめたものをドラムセットといいます。ドラムセットに組み込まれる打楽器類の種類や数は、奏者の好み・音楽的方向性・経済的事情によるため、多種多様になります。一般的なドラムセットは、バスドラム、フロアタム、スネアドラム、タムタム、ハイハットシンバル、シンバル、ドラムスティックなどです。ドラムは、欧米の軍楽隊で、身体につけたバスドラム(大太...

キーボードは、直訳すると鍵盤と訳されます。手や足などで、動かすものです。キーボードは電子楽器や、電子発音装置を操作するために、さまざまなものが作られていますが、多くの場合、従来の楽器の奏法で演奏できるようになっています。キーボードのうち、もっとも多いのはピアノやオルガンの鍵盤に似せたものですが、現代では、鍵盤にさまざまなボタン、レバーを付属させて、電子的な信号として送るものが一般的です。それらのほ...

ミキサー(ミキシングマシンともいう)は、複数の音声信号を電気的に加算したり、加工したりして出力する音響機器のことです。音楽録音には必要な機器で、MTRと組み合わせて多重録音の作業をスムーズにこなします。調理器具のミキサーと区別するために、オーディオミキサーとも言われます。ミキサーを操るひとは、俗にエンジニアといい、フリーで活躍している人も多いのです。ミキサーの音楽力は、譜面が読める、keyとcho...

音楽製作とは、作詞、作曲、編曲のことをいいます。音楽は、歌詞を考える作詞家、メロディーを作る作曲家、それを歌う歌手、曲を演奏する演奏家で、1つの作品が出来上がります。音楽製作は、この全てが揃って作品の完成度が高まります。鋭い感覚で時代や心の動きを捕らえ、聞き手を感動させなくてはなりません。最近では、歌手などのアーティストが作詞・作曲をかねるシンガーソングライターや、純粋に作詞家、作曲家として音楽製...

レクトーンとは、ヤマハの保有する電子オルガンの登録商標ですが、現在では、普通名称として用いられることも多くなりました。上鍵盤、下鍵盤、ペダル鍵盤、またエクスプレッション(表現)ペダルを備えており、数百種類の音色がエレクトーンから出るようになっています。エレクトーンには、初級者向けの小型のものから、コンサート用の大型のものまで数多くの種類を備えています。エレクトーン演奏者になるためには?ヤマハ音楽院...

管楽器とは、フルート、サクソフォンなどの、呼吸・空気の流れによって、発音する楽器のことをいいます。管楽器の種類には、金管楽器と木管楽器があり、金管楽器は、ラッパ、ホルンといった先端が朝顔(ベル)状のもので、木管楽器は、フルートなどの笛状のものを指します。管楽器演奏者になるためには?ヤマハ音楽院は、ポピューラ系の音楽家や音楽指導者の育成を1949年から始めています。独自のカリキュラム、講師陣、独特の...