メイクアップアーティストって?

メイクアップアーティスト

まず、メイクアップアーティストは、人の顔にメイク(化粧)をしてあげる仕事です。

 

たいがい、ヘアメイクと相互効果で生きてくるのがメイクアップアーティストの仕事です。

 

ただ、テレビ関係は、美容の免許も必要なようです。日本のメイクさんは、ヘアも出来て当たり前という風潮があります。

 

大学ほどではないですが、卒業後も、『どこの学校で学んだ』というのが、少なからず、メイクアップアーティストの後ろ盾になってくれるようです。

 

最近は、男性も、メイクアップアーティストの仕事に興味を持つ方もいます。

 

美容師も昔に比べれば、多くの男性美容師に出会いますので、男性でメイクアップアーティストというと、すごく知的な印象です。


スポンサーリンク

関連ページ

フラワーデコレーターになるには
フラワーデコレーターは、花に関する知識・技術・感性を認定された人をいいます。
カラーコーディネーターになるには
「色」や色彩効果に関して、さまざまな場面で的確にアドバイスをするのがカラーコーディネーターです。
ブラダルデザイナーになるには
ブライダルデザイナーはブライダルプロデューサーとも言います。夢のウィデングを実現させるために、幸せを形にする資格です。