フラワーデコレーターって?

フラワーデコレーター

花に関する知識・技術・感性を認定された人をいいます。

 

例えば、TPOにあわせて、花材を選んで組み合わせるなどです。

 

最近は、テレビにもよく出るようになった「假屋崎省吾」さんなど有名です。

 

フラワーデコレーターは、フラワーデコレーター協会(FDA)が主催する民間資格です。資格には2級と上級があり、プロ志向の人の間では注目されています。

 

この資格を取得後に活かせる仕事は幅広いです。

 

フラワーショップはもちろん、ホテル、ディスプレイ会社、結婚式場などでは、専門知識を持ったフラワーデコレーターは不可欠です。

 

女性の場合、結婚・出産後も花の仕事をするなら、教室を開くことができます。フラワーデコレーター協会で2級取得すると、FDA認定教室ができます。

 

また、1級を取得すると、FDA認定教室を開くほかに、2級受験者へのライセンス指導もできます。


スポンサーリンク

関連ページ

メイクアップアーティストになるには
メイクアップアーティストは、人の顔にメイク(化粧)をしてあげる仕事です。
カラーコーディネーターになるには
「色」や色彩効果に関して、さまざまな場面で的確にアドバイスをするのがカラーコーディネーターです。
ブラダルデザイナーになるには
ブライダルデザイナーはブライダルプロデューサーとも言います。夢のウィデングを実現させるために、幸せを形にする資格です。