カラーコーディネーターって?

カラーコーディネーター

「色」に関して、つまり色彩効果に関して、さまざまな場面で的確にアドバイスをするのがカラーコーディネーターです。

 

近年、「色」への関心が集まっています。ファッションの世界はもちろん、部屋の色をどのようにするか、どんな色の家具と合わせればいいのかをアドバイスします。

 

そのほか、パッケージの色をどのようにアレンジするか、Webデザインの配色をどうするか、色彩については、多くの人が気になっています。

 

その「色彩効果」を日常に取り入れ総合的にアドバイスするのが、カラーコーディネーターなのです。

 

カラーコーディネーターの存在価値は、現在、高まっています。新商品を開発するカラープランナー、魅力を引き出しアドバイスするパーソナルカラーアナリスト、住空間を作り出す色彩計画を行うインテリアプランナーなど職業はざまざまあります。

 

カラーコーディネーターには、2種類の公的資格があります。

  • 商工会議所主催の、カラーコーディネーター検定
  • 文部科学省認定の、ファッションコーディネート色彩能力検定

スポンサーリンク

関連ページ

メイクアップアーティストになるには
メイクアップアーティストは、人の顔にメイク(化粧)をしてあげる仕事です。
フラワーデコレーターになるには
フラワーデコレーターは、花に関する知識・技術・感性を認定された人をいいます。
ブラダルデザイナーになるには
ブライダルデザイナーはブライダルプロデューサーとも言います。夢のウィデングを実現させるために、幸せを形にする資格です。