資格取得 ビューティファッション

スポンサーリンク

医療・福祉・保険 記事一覧

医療事務は、おもに医療費の計算のことを指します。医療費(あなたが(病院に行ったときに払う代金)は、点数で表されているのです。例えば、初診では何点、薬をもらったら何点、注射をしたら何点といったように、点数で表されるのです。この点数は、国で統一されていて共通なものなのです。簡単にいうと、その点数が10点だとしたら、10点×10円=100円になります。ですが、保険に入っているので、あなたは、3割(3割負...

介護保険事務は、2000年4月にスタートした介護保険制度に関する事務処理をするエキスパートです。介護保険事務は、医療事務全般の知識に加え、介護レセプト(請求書)作成、介護報酬請求などの知識と技能が必要です。この介護保険事務を仕事とするには、特に資格は必要なのですが、もしあなたが転職するつもりなら、医療事務と一緒に取得しておいたほうが無難。就職先は介護サービス会社、介護老人保健施設、病院などがありま...

介護福祉士は身体的、精神的に障害がある方、もしくは高齢者の食事・入浴・排泄などの介護や、本人・家族の精神的なフォロー(援助)を行います。介護福祉士は今や国家試験になっています。資格を持っているというだけで厚待遇になるくらいですから、介護福祉士は使える資格です。さらに介護福祉士の良いところは実務に直結している資格であることです。もちろん、有用な資格ですから、その分がんばって勉強をしないとなかなか合格...

ケアマネージャーは正式には介護支援専門員といいます。ケアマネージャーは「介護保険制度」において、要支援または要介護と認定された人が、適切な介護サービスを受けられるようにするために、介護サービス計画(ケアプラン)を作成する専門職のことをいいます。ケアマネージャーの仕事の一つに「要介護認定に関する業務」があります。これは、要介護認定に関する申請代行と、訪問調査業務があります。要介護認定がなされた後、ケ...

ホームヘルパーとは、日常的な生活を営むのに支障がある高齢者や障害者の家庭を訪問して、日常生活のサポートをします。ホームヘルパーが日常生活のサポートを行うとは、入浴や、食事、排泄の世話などの身体的介護を行うことをいいます。ホームヘルパーの資格は1級から3級まであり、いずれも指定の講習を受講すれば無試験で取得できます。資格3級は家事程度と業務範囲が狭いので、初心者でもホームヘルパー2級からチャレンジす...

福祉用具専門相談員とは、介護を受ける側と、介護をする側の双方の心理を理解して、福祉用具の選定や使い方をアドバイスできるエキスパートです。福祉用具専門相談員になるには、厚生労働大臣が指定した「福祉用具専門相談員指定講習会」において、講義と実習を全40時間受講することが必要です。福祉用具専門相談員の試験があるわけではなく、介護福祉士、義肢装具士、保健士、看護士、准看護士、理学療養士、社会福祉士、ホーム...

福祉住環境コーディネーターとは、高齢社会に対応するため、段差のないやさしい環境作り、または障害を持つ人たちに優しい環境作りをする人です。公共機関を始め、生活を住環境から変えていくことを提案するのも福祉住環境コーディネーターの仕事になります。福祉住環境コーディネーターの活躍する場所はひじょうに広いのです。福祉住環境コーディネーターは、高齢者や障害者に対して住みやすい住環境を提案するアドバイザーです。...

ベビーシッターとは、子供の成長と保護者の育児をする「保育のプロ」です。各家庭の教育方針をそのまま引き継いで、子供の世話をするのが特徴です。保育の多様化、女性の社会進出、核家族に伴い、在宅保育サービスが社会的に認知されるつつあり、需要が増え続けています。ベビーシッターに対する信頼性の向上と社会的地位の確立を図るとことを目的に、一定の要件を満たす「認定ぺビーシッター」資格が付与されるようになりました。...

保育士とは、少子化の時代だからこそ、求められている仕事です。子供に関するさまざまな仕事をします。保育士は国家資格なので、保育所やその他の児童福祉施設で働いたことがなくても、スペシャリストとして働くことができます。保育士は保母さんがルーツです。そのため、過去には女性しかなることができませんでした。また、一見、保育士と幼稚園の先生はよく似た仕事のように思えますが、それぞれまったく違います。保育士は厚生...

手話とは、耳の聞こえない人(ろう唖者、難聴者)が使う会話です。手話は日本語とは違った言語文化を形成して育ってきた独自の言語なのです。しかし、ことばにも日本語、英語とあるように、「日本手話」という日本で使われている手話、アメリカで使われている手話があります。このほかにも国や地域によって違う手話があり、それぞれの土地の文化を反映して成り立っています。おもしろいことには、手話にも「方言」があります。この...

高齢者コミュニケーターは、高齢者介護において、相手のとの信頼関係を築くことはひじょうに大切です。その「聴き方」や「話し方」、あるいは相手の気持ちの汲み取り方などの技術がある人のことを言います。高齢者コミュニケーターの技術があると、介護の現場はもちろん、カウンセリングなどに応用できます。現在、介護の仕事についている人のスキルアップには高齢者コミュニケーターはオススメの資格だといえます。ホームヘルパー...

高齢者にとっては、「聴いてくれること」は重要です。高齢者傾聴技能士は、専門的に高齢者が話すことを「聴く」プロといえます。高齢者傾聴技能士は、カウンセリング理論から、高齢者の考え方などを学び、傾聴技術を身につけます。高齢化に伴い、社会や人との交流が少ないお年寄りの気持ちのケアをしてくれる高齢者傾聴技能士は、社会的にも必要とされている能力をもっています。高齢者傾聴技能士は、「傾聴」の技術の手法により、...

介護予防運動指導員は、「高齢者の研究」では、世界的に権威のある財団法人東京と高齢者研究・福祉振興財団の「介護予防運動指導員養成事業」の指定を受けた事業者が開講する養成研修を受講することで登録されます。介護関連の資格のなかで、介護予防運動指導員に似た資格はありますが、他の資格よりも価値ある資格ではないでしょうか。介護予防運動指導員は、介護予防プログラムを実施・トレーニングの指導ができ、介護予防診断の...