介護保険事務って?

介護保険事務養成講座

介護保険事務は、2000年4月にスタートした介護保険制度に関する事務処理をするエキスパートです。

 

介護保険事務は、医療事務全般の知識に加え、介護レセプト(請求書)作成、介護報酬請求などの知識と技能が必要です。

 

この介護保険事務を仕事とするには、特に資格は必要なのですが、もしあなたが転職するつもりなら、医療事務と一緒に取得しておいたほうが無難。

 

就職先は介護サービス会社、介護老人保健施設、病院などがありますが、病院を転職先として目指すなら、医療事務と一緒に取得したほうがいいでしょう。


スポンサーリンク

関連ページ

医療事務を習得するには
医療事務は、おもに医療費の計算のことを指します。
介護福祉士になるには
介護福祉士は身体的、精神的に障害がある、もしくは高齢者の食事・入浴・排泄などの介護、本人・家族の精神的なフォロー(援助)を行います。
ケアマネージャーになるには
ケアマネージャーは正式には介護支援専門員といいます。
ホームヘルパーになるには
ホームヘルパーとは、日常的な生活を営むのに支障がある高齢者や障害者の家庭を訪問して、日常生活のサポートをします。
福祉用具専門相談員になるには
福祉用具専門相談員とは、介護を受ける側と、介護をする側の双方の心理を理解して、福祉用具の選定や使い方をアドバイスできるエキスパートです。
福祉住環境コーディネーターになるには
福祉住環境コーディネーターとは、高齢社会に対応するため、段差のないやさしい環境作り、または障害を持つ人たちに優しい環境作りをする人です。
ベビーシッターになるには
ベビーシッターとは、子供の成長と保護者の育児をする「保育のプロ」です。
保育士になるには
保育士とは、少子化の時代だからこそ、求められている仕事です。子供に関するさまざまな仕事をします。
手話を習得するには
手話とは、耳の聞こえない人(ろう唖者、難聴者)が使う会話です。
高齢者コミュニケーターになるには
高齢者コミュニケーターは、高齢者介護において、「聴き方」や「話し方」、相手の気持ちの汲み取り方などの技術がある人のことを言います。
高齢者傾聴技能士になるには
高齢者傾聴技能士は、専門的に高齢者が話すことを「聴く」プロといえます。
介護予防運動指導員になるには
介護予防運動指導員は、高齢者が本来持っている身体機能を充分にいかすためのトレーニングや生活習慣の確率を目指すためのプロといえます。