MCPってなに?

MCP養成講座

MCPとは、Microsoft社の個々の製品の使用方法についてサポートができる技術者の資格です。

 

MCPは、世界中で試験・認定が行われています。MCPの資格は世界中で通用します。

 

専門分野に応じて7種類の資格があります。その中で最も基本的な資格がMCPです。

 

MCP資格は、一連のMCP試験のうち、Network Essentials以外のいずれか1科目でも合格すれば取得できます。


スポンサーリンク

関連ページ

ネットワークエンジニアになるには
ネットワークエンジニアとは、サーバー、ネットワーク運用に必要となる様々な設定をしたり、ルータを利用してインターネット接続の設定やメンテナンスを行います。
C言語プログラマーになるには
C言語プログラマーになるにはとは、C言語を使ってプログラミングを出来る人を養成する講座です。
JAVAプログラマー養成講座
JAVA養成講座とは、JAVAを使ってプログラミングを出来る人を養成する講座です。
LINUXプログラマーになるには
LINUXプログラマー養成講座とは、LINUXの環境でプログラミングを出来る人を養成する講座です。
Perl/CGIプログラマーになるには
Perl/CGIプログラマー養成講座とは、Perl/CGIの環境でプログラミングを出来る人を養成する講座です。
CCNA・CCNPを習得するには
CCNA・CCNPとは、世界最大手のネットワーク機器メーカーによる技術者認定資格の一つです。
CCDAを習得するには
CCDAとは、世界最大手のネットワーク機器メーカーによる技術者認定資格の一つです。
Visual Basicプログラマーになるには
Visual Basicとは、Microsoft社によって開発されたプログラミング言語で、プログラマー養成講座は、そのプログラミングを学びます。
XML・UMLを習得するには
XML・UMLは文書やデータの構造を記述するマークアップ言語の一つで、養成講座はオブジェクト指向設計の表記をできるようになる資格です。
PHPプログラマーになるには
PHPは、Webページを生成する、スクリプト言語の一つで、PHPプログラマー養成講座とは、PHPプログラムをプログラミングする人を養成します。
ASPプログラマーになるには
ASPは、Webページを生成する、サーバの拡張機能の一つで、ASPプログラマー養成講座とは、ASPプログラムをプログラミングする人を養成します。