カウンセラーってなに?

カウンセラー養成講座

カウンセラーは、カウンセリングする人、つまり助言したり、相談できる人のことをいいます。

 

現在、国家資格はないので、誰もがカウンセラーを名乗ることが出来ます。しかし、精神科医などがカウンセラーを兼任している場合があり、決して軽んじられているわけではありません。

 

カウンセラーのことをセラピストと呼ぶこともあります。カウンセラーの中には、セラピスト、精神科医、心理士、ソーシャルワーカーなど、いろいろな分野が含まれます。

 

現在は、産業カウンセラーなどが有名です。産業カウンセラーは、企業従業員を対象として、その心身両面における健康の回復・維持などを、カウンセリングを通して貢献します。

 

カウンセラーになるにはとは、心理学や、また自分が専攻したい分野のカウンセリングなど、多岐にわたります。


スポンサーリンク

関連ページ

セラピストになるには
セラピストは、広い意味では、セラピー(治療、療養)を行うプロフェッショナルのことです。
リフレクソロジストになるには
リフレクソロジーは直訳すると、「反射学」という意味で、養成講座とは、このような手法などを学び、資格をとります。
整体師養成になるには
整体とは、身体全体のゆがみ、ズレの矯正と、骨格筋の調整などを手技で行うことです。養成講座とは、このような手法などを学び、資格をとります。
フッピーセラピーになるには
フッピーセラピーとは、自分の足で、患者のこりを取る仕事です。これは、もみ返しの少ない施術方法です。特に女性が活躍しています。
ロミロミを習得するには
ロミロミとは、古代ハワイアンが医療として行っていた伝統的な癒しの方法で、養成講座はロミロミの手技を習得するものです。
リンパドレナージュを習得するには
リンパドレナージュは、マッサージで、リンパや血液の流れを良くし、体質改善する技術で、養成講座は、その技術を習得するものです。
スキャルブケアを習得するには
スキャルブケアとは、よくエステシャンが行う、育毛に関するケアのことです。加齢とともに、男女とも悩む一つです。
アロマテラピストになるには
アロマテラピーとは、植物の持つ芳香成分を利用した自然療法のことを意味します。アロマテラピストは、芳香療法家なのです。