資格取得 ビューティファッション

スポンサーリンク

ITクリエイター 記事一覧

グラフィックデザイナーとは、感性と美的センスが問われる仕事ですが、実は文章読解能力も必要なのです。この文章読解能力は、グラフィックデザイナーを志す人でなくても必要な能力です。グラフィックデザイナーとして仕事をするということは、クライアントの意図している意味を理解して、それを具現化しなければいけません。グラフィックデザイナーは、華やかで最先端的なイメージが付きまといます。主に髪を媒体といた印刷物を作...

Webデザイナーとは、「Webクリエータ」、「ホームページデザイナー」とも呼ばれ、ホームページを作成する仕事をする人のことをいいます。Webデザイナーになるためには、まずしっかりとしたHTMLなどの知識を身につけることが大切です。独学で学ぶこともできますが、きちんと身につけるためには専門スクールに通うことをオススメします。その後、Web関係の会社へ就職することのが一般的です。Webデザイナーとして...

Webディレクターとは、会社などの環境によって、「ディレクター」に期待される役割は様々で特性も様々です。共通していえるのは、デザイナーは「デザインを作る」という局所的な仕事であるのに対し、Webディレクターはひじょうに広範囲にわたり、サイト製作のあらゆることに関係する仕事です。Webディレクターは、製作現場のデザイナーやプログラマーをまとめ、製作物をコントロールしたり、クライアントと意見を交わしな...

Webプロデューサーとは、Webビジネスの新規立ち上げの推進力になる人のことをいいます。一般的な企業の職務でいえば、Webマスターと事業本部の中間になる人がWebプロデューサーです。企業によっては、営業が付帯業務として行ったり、ディレクターが行っている場合があります。ビジネスチャンスを発見し、新規事業として進めていくために、Webプロデューサーを中心にWebビジネスの構築を行うのが企業戦略の大きな...

映像クリエイターとは、アニメ・映像産業などのあらゆる映像を製作する仕事の人です。映像クリエイターは、撮影・編集・書き出し(エンコード)までの映像製作をトータルにサポートします。また、ロケ(現地に赴いて撮影する)などが、映像製作の種類によっては多くなります。とくに、アニメ映像製作が世界的にも高い評価を受けています。市場規模が大きいうえに、成長性も見込まれ、今後の我が国のリーディング産業ともなりえる分...

DTPの技術者は、DTPデザイナーとも呼ばれます。出版物のデザイン・レイアウトをパソコンで行い、電子的なデータを印刷所に持ち込んで出版(机上出版)します。DTPソフトの進化によって、現在では印刷物の作成は、ほとんどDTPで行われるようになっています。DTPといえば、従来からアップル社のマッキントッシュが主流ですが、現在も商業出版物は、マッキントッシュで出力されることが多いのです。しかし、最近では、...

CADとは、建築物・工業製品・土木・機械などを設計者が作成した原図を、CADというソフトを使用して、コンピュータで製図をすることです。CADオペレータは、単純なデータ入力的なものから、設計提案まで、仕事のレベルにはかなりの差があります。CADオペレータの仕事は、実務経験を問われることが多いので、スクールで基礎知識を学び、「CADオペレータスクール卒OK」という求人があったら、まずそこで経験を積むと...

Flash(フラッシュ)とは、マイクロメディア社(現アドビ社)が開発した、音声やベクターグラフィックスのアニメーションを組み合わせて、Webコンテンツを作成するソフトのことをいいます。Flashプログラマーとは、そのコードを書く人のことをいいます。SEO的にはフラッシュは有効ではないと言われますが、企業のサイトを受注したさいは、Flashがついたサイトは人目をひくため、企業から好まれるのが現実です...