グラフィックデザイナーってなに?

グラフィックデザイナー養成講座

グラフィックデザイナーとは、感性と美的センスが問われる仕事ですが、実は文章読解能力も必要なのです。

 

この文章読解能力は、グラフィックデザイナーを志す人でなくても必要な能力です。

 

グラフィックデザイナーとして仕事をするということは、クライアントの意図している意味を理解して、それを具現化しなければいけません。

 

グラフィックデザイナーは、華やかで最先端的なイメージが付きまといます。主に髪を媒体といた印刷物を作り上げる分野に属する仕事をする人を指すのです。

 

媒体の限られたスペース(紙面)の中に、コピー、写真、イラスト、図解等をわかりやすく、かつ、センスよくまとめるのがグラフィックデザイナーの主な仕事です。

 

多くのグラフィックデザイナーは、広告代理店に所属します。各種媒体をクライアントに代わって企画立案、実行するのが主な仕事になります。

 

グラフィックデザイナーになるには?

グラフィックデザイナーになるには、資格は必要ありません。誰でもなれるチャンスがあります。
しかし、自分で勝手に名乗ったとしても、専門職なので、デザインの概念や表現力、印刷工程の知識など必要になります。

 

グラフィックデザイナーになるには、デザイン系の学校に行くのが近道です。


スポンサーリンク

関連ページ

Webデザイナーになるには
Webデザイナーとは、「Webクリエータ」、「ホームページデザイナー」とも呼ばれ、ホームページを作成する仕事をする人のことをいいます。
Webディレクターになるには
Webディレクターの仕事は、とても広範囲にわたり、サイト製作のあらゆることに関係する仕事で、サイトの設計を行ったり、提案書を書き上げたり、現場監督的な役割が強いのです。
Webプロデューサーになるには
Webプロデューサーとは、Webビジネスの新規立ち上げの推進力になる人のことをいいます。
映像クリエイターになるには
映像クリエイターとは、アニメ・映像産業などのあらゆる映像を製作する仕事の人です。
DTP技術者になるには
DTPの技術者は、DTPデザイナーとも呼ばれ、出版物のデザイン・レイアウトをパソコンで行い、電子的なデータを印刷所に持ち込みます。
CADオペレータになるには
CADオペレータとは、建築物・工業製品・土木・機械などを設計者が作成した原図をコンピュータで製図をすることです。
Flashプログラマーになるには
Flash(フラッシュ)とは、音声やアニメーションを組み合わせて、Webコンテンツを作成することをいいます。Flashプログラマーとは、そのコードを書く人のことをいいます。