Webデザイナーってなに?

Webデザイナー養成講座

Webデザイナーとは、「Webクリエータ」、「ホームページデザイナー」とも呼ばれ、ホームページを作成する仕事をする人のことをいいます。

 

Webデザイナーになるためには、まずしっかりとしたHTMLなどの知識を身につけることが大切です。独学で学ぶこともできますが、きちんと身につけるためには専門スクールに通うことをオススメします。

 

その後、Web関係の会社へ就職することのが一般的です。Webデザイナーとしてフリーとしてやっていくことは可能ですが、それにはやはり経験やクライアントとの人脈が必要になってきます。Webデザイナーとして現場での知識と技術を磨くことは必要なことです。

 

多くの企業は、インターネットを活用したビジネスに積極的に取組んでいますが、即戦力となるWebデザイナーの数は、絶対的に不足していきます。

 

Webデザイナーになるには

 

さらに、2001年から始まった「Webクリエイター認定試験」、「マルチメディア検定」、「CG検定」などもありますので、チャレンジして幅広い知識と独自の得意分野などを持つことが成功のカギになるでしょう。

 

これから、どんどんWebデザイナーは人気の職業となり、人数もふえていくでしょう。Webデザイナーを目指す人は、得意分野や特化したジャンルなどで、他のWebデザイナーとの差別化が必要になってきます。


スポンサーリンク

関連ページ

グラフィックデザイナーになるには
グラフィックデザイナーになるには、資格は必要ありません。誰でもなれるチャンスがあります。
Webディレクターになるには
Webディレクターの仕事は、とても広範囲にわたり、サイト製作のあらゆることに関係する仕事で、サイトの設計を行ったり、提案書を書き上げたり、現場監督的な役割が強いのです。
Webプロデューサーになるには
Webプロデューサーとは、Webビジネスの新規立ち上げの推進力になる人のことをいいます。
映像クリエイターになるには
映像クリエイターとは、アニメ・映像産業などのあらゆる映像を製作する仕事の人です。
DTP技術者になるには
DTPの技術者は、DTPデザイナーとも呼ばれ、出版物のデザイン・レイアウトをパソコンで行い、電子的なデータを印刷所に持ち込みます。
CADオペレータになるには
CADオペレータとは、建築物・工業製品・土木・機械などを設計者が作成した原図をコンピュータで製図をすることです。
Flashプログラマーになるには
Flash(フラッシュ)とは、音声やアニメーションを組み合わせて、Webコンテンツを作成することをいいます。Flashプログラマーとは、そのコードを書く人のことをいいます。