Webディレクターってなに?

Webディレクター養成講座

Webディレクターとは、会社などの環境によって、「ディレクター」に期待される役割は様々で特性も様々です。

 

共通していえるのは、デザイナーは「デザインを作る」という局所的な仕事であるのに対し、Webディレクターはひじょうに広範囲にわたり、サイト製作のあらゆることに関係する仕事です。

 

Webディレクターは、製作現場のデザイナーやプログラマーをまとめ、製作物をコントロールしたり、クライアントと意見を交わしながら、サイトの設計を行ったり、提案書を書き上げたり、その名の通り、現場監督的な役割が強いのです。

 

Webディレクターにとっては、製作物の完成度は重要な責任があります。製作の開始から納品まで滞りなく進行する必要があるのです。サイト製作における役割として、もっとも重要なポジションがWebディレクターともいえます。

 

自分の方向性を打ち出して、スタッフやクライアントとともにサイトを作っていくことが、Webディレクターの醐醍味ともいえます。

 

ただ、製作作業よりも製作全体を指揮するという役割上、Webディレクターは、求められるスキルも、あたえらるハードルもより高くなります。


スポンサーリンク

関連ページ

グラフィックデザイナーになるには
グラフィックデザイナーになるには、資格は必要ありません。誰でもなれるチャンスがあります。
Webデザイナーになるには
Webデザイナーとは、「Webクリエータ」、「ホームページデザイナー」とも呼ばれ、ホームページを作成する仕事をする人のことをいいます。
Webプロデューサーになるには
Webプロデューサーとは、Webビジネスの新規立ち上げの推進力になる人のことをいいます。
映像クリエイターになるには
映像クリエイターとは、アニメ・映像産業などのあらゆる映像を製作する仕事の人です。
DTP技術者になるには
DTPの技術者は、DTPデザイナーとも呼ばれ、出版物のデザイン・レイアウトをパソコンで行い、電子的なデータを印刷所に持ち込みます。
CADオペレータになるには
CADオペレータとは、建築物・工業製品・土木・機械などを設計者が作成した原図をコンピュータで製図をすることです。
Flashプログラマーになるには
Flash(フラッシュ)とは、音声やアニメーションを組み合わせて、Webコンテンツを作成することをいいます。Flashプログラマーとは、そのコードを書く人のことをいいます。