Webプロデューサーってなに?

Webプロデューサー養成講座

Webプロデューサーとは、Webビジネスの新規立ち上げの推進力になる人のことをいいます。

 

一般的な企業の職務でいえば、Webマスターと事業本部の中間になる人がWebプロデューサーです。

 

企業によっては、営業が付帯業務として行ったり、ディレクターが行っている場合があります。

 

ビジネスチャンスを発見し、新規事業として進めていくために、Webプロデューサーを中心にWebビジネスの構築を行うのが企業戦略の大きな流れになりつつあります。

 

Webプロデューサーは、事業を計画する上での「発想力」、マーケティングを用いて勝てる戦略計画を構築できる「ビジネス設計力」、Web最新技術動向に敏感に察知する「調査力」などが必要になります。

 

企業の中で、デジタル化を推進するWebマスター部門と、新規事業の発案をする営業本部との間をつなぎ、スムーズにプロジェクトを推進していくのがWebプロデューサーの任務です。

 

多様なビジネスシーンで、Webプロデューサーという職務が新たなデジタルビジネスを牽引していくことになるでしょう。


スポンサーリンク

関連ページ

グラフィックデザイナーになるには
グラフィックデザイナーになるには、資格は必要ありません。誰でもなれるチャンスがあります。
Webデザイナーになるには
Webデザイナーとは、「Webクリエータ」、「ホームページデザイナー」とも呼ばれ、ホームページを作成する仕事をする人のことをいいます。
Webディレクターになるには
Webディレクターの仕事は、とても広範囲にわたり、サイト製作のあらゆることに関係する仕事で、サイトの設計を行ったり、提案書を書き上げたり、現場監督的な役割が強いのです。
映像クリエイターになるには
映像クリエイターとは、アニメ・映像産業などのあらゆる映像を製作する仕事の人です。
DTP技術者になるには
DTPの技術者は、DTPデザイナーとも呼ばれ、出版物のデザイン・レイアウトをパソコンで行い、電子的なデータを印刷所に持ち込みます。
CADオペレータになるには
CADオペレータとは、建築物・工業製品・土木・機械などを設計者が作成した原図をコンピュータで製図をすることです。
Flashプログラマーになるには
Flash(フラッシュ)とは、音声やアニメーションを組み合わせて、Webコンテンツを作成することをいいます。Flashプログラマーとは、そのコードを書く人のことをいいます。