CADオペレータってなに?

CADオペレータ養成講座

CADとは、建築物・工業製品・土木・機械などを設計者が作成した原図を、CADというソフトを使用して、コンピュータで製図をすることです。

 

CADオペレータは、単純なデータ入力的なものから、設計提案まで、仕事のレベルにはかなりの差があります。

 

CADオペレータの仕事は、実務経験を問われることが多いので、スクールで基礎知識を学び、「CADオペレータスクール卒OK」という求人があったら、まずそこで経験を積むといいでしょう。

 

図面は、正確さが求められますので、まじめで、細かい作業が好きな人がCADオペレータに向いています。どちかといえば、CADオペレータには、男性より女性の方が多いのです。それは、男性に比べて根気強い方が多いからかも知れません。

 

CADオペレータになるには?

 

CADオペレータに有利な資格は、最も有名なCAD利用技術者1級、2級です。
企業も即戦力を求めますから、どちらかというと、通信教育よりスクールに通うというのをオススメします。

 

企業の設計分野では、ここ数年CADの普及によって著しい成長をを果たし、CADのニーズはどんどん高まる一方です。不況による就職難でも、専門性をもつCADオペレータの需要は伸びているのでます。


スポンサーリンク

関連ページ

グラフィックデザイナーになるには
グラフィックデザイナーになるには、資格は必要ありません。誰でもなれるチャンスがあります。
Webデザイナーになるには
Webデザイナーとは、「Webクリエータ」、「ホームページデザイナー」とも呼ばれ、ホームページを作成する仕事をする人のことをいいます。
Webディレクターになるには
Webディレクターの仕事は、とても広範囲にわたり、サイト製作のあらゆることに関係する仕事で、サイトの設計を行ったり、提案書を書き上げたり、現場監督的な役割が強いのです。
Webプロデューサーになるには
Webプロデューサーとは、Webビジネスの新規立ち上げの推進力になる人のことをいいます。
映像クリエイターになるには
映像クリエイターとは、アニメ・映像産業などのあらゆる映像を製作する仕事の人です。
DTP技術者になるには
DTPの技術者は、DTPデザイナーとも呼ばれ、出版物のデザイン・レイアウトをパソコンで行い、電子的なデータを印刷所に持ち込みます。
Flashプログラマーになるには
Flash(フラッシュ)とは、音声やアニメーションを組み合わせて、Webコンテンツを作成することをいいます。Flashプログラマーとは、そのコードを書く人のことをいいます。