気象予報士とは?

気象予報士養成講座

気象予報士制度は、平成6年度に気象業務法の改正によって導入された制度です。

 

この制度は、気象情報が不適切に流されることにより、社会に混乱をひきおこすことのないよう、提供される高度な予測データを、適切に利用できる、気象予報士を確保する目的で創設されたものです。

 

予報業務を行う事業者(テレビ局など)は、予報を気象予報士に行わせることが義務付けられています。

 

気象予報士になるには?

 

気象予報士になるためには、(財)気象業務支援センターが実施する気象予報士試験に合格し、気象庁官の登録を受けることが必要です。

 

気象予報士は、制度導入から人気の高い資格で、毎回多くの受験者が挑戦していますが、合格率が5%前後という狭き門です。

 

今では、アナウンサーやお天気キャスター志望の人が、自分をアピールする方法として、気象予報士の資格を目指す人が毎年増えています。


スポンサーリンク

関連ページ

日本語教師になるには
日本語教師は、国内で大学や大学院において、留学生に教える場合があり。その分野の専門的な学習・研究経験が必要になります。
フードコーディネーターになるには
フードコーディネーターの仕事は、新メニューの開発や、食品メーカーの新製品の開発、料理番組や雑誌の料理ページなどの製作など、多岐にわたります。
ガーデンデザイナーになるには
ガーデンデザイナーとは、植物を庭という空間にデザインする人のことで、植物が生育するための庭の環境を把握して、実際に庭を現実のものにするのです。
森林インストラクターになるには
森林インストラクターとは、森林を利用する一般の人々に対して、森林などの案内や、フィールド内での野外活動の指導を行うのです。
ハーブコーディネーターになるには
ハーブコーディネーターとは、ハーブ(香草)の様々な楽しみ方や、その効能、育て方など、専門的な知識と技能をもっているプロフェッショナルです。
ドライフラワーアーティストになるには
ドライフラワーアーティストとは、生花の美しい色を生かして、できるだけ自然なままアレンジするテクニックをもった人です。