ファイナンシャルプランナー(FP)とは?

ファイナンシャルプランナー(FP)養成講座

ファイナンシャルプランナー(FP)とは、簡単に言えば、金銭的な家庭のホームドクターのようなものなのです。

 

人は、それぞれ生き方や考え方が違いますし、人生にたいする夢や希望も人によって違います。どのような生き方にするにしても、金銭的な問題は避けて通れません。

 

税金や公共料金・年金・教育資金・住宅ローン・生命保険・損害保険・不動産などの、暮らしの金銭問題は複雑を極め、何が最良で、どれが最善なのか、理解して選択することは、現代では難しくなってしまっています。

 

そこで、生まれたのがファイナンシャルプランナー(FP)です。つまり、個人や家族が安心して暮らすために家計の金銭的なアドバイスするのがファイナンシャルプランナー(FP)なのです。

 

ファイナンシャルプランナー(FP)なるには?

 

ファイナンシャルプランナー(FP)になるためには、資格がいくつかあります。従来のNPO法人FP協会認定「AFP資格」「CFP資格」が一般的には身近なFP資格です。

 

一方、ファイナンシャルプランナー(FP)としての国家資格「FP技能士」は、1級・2級・3級にレベルが分かれています。いまや金融界では、FP資格を持っているのが当たり前の時代です。

 

不動産業界や、税・会計業界はもちろんのこと、一般企業でも経理部に所属している人や、金融機関への就職を目指す学生まで、ファイナンシャルプランナー(FP)を取得する人が増えているのです。


スポンサーリンク

関連ページ

簿記を覚えるには
簿記を覚えておくと、取引先の経営状況を把握できるため、経理担当者だけでなく、全ての社会人に役立つのです。
DCアドバイザーになるには
DCアドバイザーとは、確定拠出型年金教育・普及協会(DC協会)が実施している、確定拠出年金のプロフェッショナルです。