DCアドバイザーとは?

DCアドバイザー養成講座

DCアドバイザーとは、確定拠出型年金教育・普及協会(DC協会)が実施している、確定拠出年金のプロフェッショナルです。

 

DCアドバイザーの役割は、個人に対して、確定拠出年金の活用方法や投資方法などに関するアドバイスをすることです。

 

一方、DCアドバイザーは企業に対しても、制度導入や運用に関するアドバイスを行うことが仕事となります。

 

DCアドバイザーの試験は、

  • 私的年金導入コミュニケーション・確定拠出年金制度
  • 私的年金制度とその周辺知識、リタイヤメントプラン
  • 投資教育(実践・基礎)、個人と企業のリスクマネジメント

この3分野から出題されます。各分野とも合格率は30%ぐらいとされていて、難易度はかなり高いものです。

 

DCアドバイザーの資格をとると、金融機関、一般企業の人事・総務・福利厚生担当などの就職に有利になりますが、FPや税理士、公認会計士と一緒にとると強い武器になります。


スポンサーリンク

関連ページ

簿記を覚えるには
簿記を覚えておくと、取引先の経営状況を把握できるため、経理担当者だけでなく、全ての社会人に役立つのです。
ファイナンシャルプランナー(FP)になるには
ファイナンシャルプランナー(FP)とは、簡単に言えば、金銭的な家庭のホームドクターのようなものなのです。