社会保険労務士とは?

社会保険労務士養成講座

社会保険労務士とは、適切な労務管理、その他労働社会保険に関する指導を行う専門家です。

 

社会保険労務士は、労働社会保険関係の法令に精通しているために、企業にとっては、とても大切な業務なのです。

 

社会保険労務士制度は、労働・社会保険に関する法令の円滑な実施を図り、事業の健全な発達と労働者等の福祉の向上を目的とした社会保険労務士法により定められているのです。

 

また、社会保険労務士は労働基準法などの法令に基づいて、行政機関等に提出する申請書、届け出書などを作成したり、その提出に関する手続きを代行したりします。

 

社会保険労務士になるには、社会保険労務士試験に合格しなければなりません。社会保険労務士試験は「社会保険労務士試験センター」で行われ、年1回実施されます。

 

社会保険労務士になるには?

 

社会保険労務士試験を受験するためには、社会保険労務士試験センターのオフィシャルサイトの受験資格をご覧ください。

 

社会保険労務士の資格をとっている方は、ほとんど、行政書士、税理士などの方が、兼業で資格をとっています。フリーで仕事をしたい方は、社会保険労務士の資格もとると、キャリアアップのために貢献することになるでしょう。


スポンサーリンク

関連ページ

マーケティングになるには
マーケティングとは、製品、流通、価格、販促、広告、これらの要素をいかに組み合わせるかがマーケティングです。
起業家になるには
起業とは、独立して事業を起こすことです。起業養成講座というのは、事業を起こす際、知っておいたほうがよいことなどを学びます。