入社式 配属発表

配属が希望通りかどうかは大きな問題ではない

入社式

全ての入社式について言えることではないのですが,配属先の発表を入社式の時に行う企業と,そうでない企業があります。それは緊張の瞬間です。

 

新入社員全員を対象に,入社式の翌日から研修が始まるという企業も多く,この場合は配属先がまだ決まっていません。

 

もっと厳密に言うと決まっていても,まだ発表されていません。

 

ですが業種,また職種によっては,入社式の翌日から,それぞれの配属先で研修を行う場合もあります。その場合は入社式のセレモニーとあわせて配属先が発表されます。

 

花形部署

新入社員にとっては,緊張の一瞬です。
憧れの会社に入社したからには,憧れの職種があるはずです。

 

また配属先によって勤務地も変わってきますから,新入社員の運命を左右すると言っても過言ではありません。入社式にはそんなイベントでもあるのです。

 

希望の配属先になったという人は,喜びの瞬間です。
但し,配属先に対して持っているイメージと職場が同じかどうかはまだ分かりません。
全く想像もしていなかった困難があるかも知れませんし,逆に予想外の収穫があるかも知れません。

 

企業のには花形と思われる部署と,そうでない部署とがあります。
誰しも花形部署を望むのは同じですが,花形の部署に行くにはそれなりの適正や能力が必要となります。

 

会社は,入社試験の段階から新入社員の配属先選定を行っています。
つまり,採用の段階からどの部署で働いてもらうか,ということがある程度決まっているのです。

 

配属が希望通りかどうかは大きな問題ではありません

結果が希望通りであったとしても希望通りでなかったとしても,大きな問題ではありません。
新入社員もその会社に憧れて入社したのですから,どの部署の所属居でも会社の原動力となって働くことは可能なはずです。

 

最近では,労働流動性と言って一度就職した会社に,定年退職まで勤め続けるということもそれほど多くなくなりました。

 

憧れの会社に入ったものの『何か違う』と思ったり,配属先について不満がある場合は,会社にいつまでも居たところで自分の能力を発揮できないと判断したのであれば,本来の希望職種で活躍することが出来る会社に転職をするのもひとつの選択肢です。

 

あくまでも理由は自分の能力をもっと発揮したいということであって,それ以外の理由での安易な転職はお勧めできません。

 

スポンサーリンク

 

入社式の流れ


更新履歴